株式会社中央アド新社

CSR活動/モチベーションアップ活動 「高尾の森づくり」への参加

定例作業 2017/09/09(土)

会社としてはじめての参加となる、「高尾の森づくり」の定例作業です。まずは、「高尾の森づくりの会」の方から、オリエンテーションを実施いただきました。林業に関してはまったくの素人な私たちに、高尾の地形や作業する場所を説明していただき、作業時の服装から、安全第一で山に入っていただきたいといった注意事項などを、丁寧に教えていただきました。 まずは、ノコギリや鉈を使って細い木を切ったり、大鎌を使って「下草刈り」の実習をしたりしました。そのあと、実際に山に入って「下草刈り」を行いました。普段は仕事であまり関わりのない社員同士もおりましたが、山の道中で会話をしながら楽しく作業をすることができました。「また、参加したい」という声があがり、初回としては有意義な活動となりました。

定例作業  2017/11/11(土)

第二回となる定例作業の参加です。この日も天候に恵まれ秋の日差しが気持ち良い日でした。行った作業は森林を健全に保つために、余計な木を切り倒す「間伐」です。作業は登山道ではなく、作業道を行くので、急な斜面などもありましたが、「森づくりの会」の方の引率と、中アドメンバーでも元山岳部のメンバーが引っ張ってくれて、皆で作業場までたどり着くことができました。はじめてノコギリで木を切り倒す経験をし、林業の大変さが身にしみながらも、メンバーで力を合わせて作業を実施しました。昼食は山の中で弁当を持参して食べましたが、肉体労働後の食事は普段では得難い特別なおいしさがあり、メンバーが持ってきて振る舞ってくれたホットコーヒーが、「憩いのひと時」を数段充実したものにしてくれました。

紅葉鑑賞会  2017/11/25(土)

これまで高尾の森づくりでは、さまざまな森林保全活動に参加してきましたが、今回は「森づくりの会」の皆さまのご厚意で『紅葉鑑賞会』にご招待いただきました。参加当日は天候にも恵まれ、ちょうど秋も深まり始めていた高尾の山も紅葉の見頃を迎えており、とても気持ちのよい日となりました。

集合場所のベースキャンプには10:00頃到着し、早速始まった軽登山では、みなさんワイワイ会話をしながら山登りを楽しんでいる様子でした。滝のマイナスイオンを浴びたり、くみとった湧き水を飲んでひと休みしたりと、普段あまり味わうことのできない自然を思いっきり感じることができ、とてもリフレッシュすることができました。特に「森づくりの会」の方に実演いただいたチェンソーで木を切り倒す作業では、閑静な森林の中で広がるチェンソーの音や倒れる瞬間のメキメキ音につい「うわあ!」っと声があがるほど、迫力がありとても印象的でした。
12:00頃になり、そろそろお腹も空いてきたな~というところで見えてきたゴールのベースキャンプでは「森づくりの会」の皆さまが手料理を振る舞ってくださいました。ジューシーなお肉や豚汁、焼きそばからチーズフォンデュまで!さらに法人会員同士でもそれぞれビールや焼酎、日本酒などさまざまなお酒やおつまみを持ち寄って、自然いっぱいの青空の下でみなさんと楽しむおいしい食事とおいしいお酒につい顔もほころび、まさに至福の時間でした。
また、「森づくりの会」の方に準備いただいた、鉋を使った箸づくりや、ノコギリを使ってつくる木のコースターなどの手づくり作業もとても貴重な体験となりました。みなさんとても楽しみながら、家族や自分のためのお土産を夢中になってつくっている様子でした。
今回は『紅葉鑑賞会』ということで高尾の森の自然を感じながら、「森づくりの会」の皆さまはじめ、普段交流できない法人会員の皆さまや、中アドのメンバーとも改めて親睦を深めることができ、とてもよい機会となりました。

pagetop