株式会社中央アド新社

箱崎 純一 顧客接点事業推進部 2012年入社

「業務が楽になった」「便利になった」の声が、やりがいにつながる。

考えたフローで案件がスムーズに進行すると、
最高に嬉しいです!

得意先各社様のWEBサイトのマネージメントに関する窓口とディレクションが主な業務となります。具体的なところでは、WEBサイトの業務を効率的に行うために改善提案・調整を行うことや、得意先様がご要望された企画を実現するため、実際の運用業務と照らし合わせながら現実的なフローを構築したり、デザイン制作とシステム構築の橋渡し等も行っています。

この仕事で嬉しいと感じることは、複雑な運用フローが必要な企画等で、構築した業務の流れどおりにスムーズに進行していることが実感できた時でしょうか。そのフローが他の業務にも活用されて拡大していった時の充実感は非常に大きいです。その中でも「業務が楽になった」、「便利になった」等の声が聞こえた時は「やってよかったなぁ!」と非常に嬉しく思います。得意先様や社内の同僚が笑顔になれる仕事ができた時が最高に嬉しい瞬間です。
ただ、苦労することもあります。予期せぬエラーなど、原因が見えにくいトラブルに対処する時などがそうです。さまざまな原因を想定する必要があり、かなりの時間を要してしまうこともあります。この手の経験は私だけではなく、WEBの仕事に関わる方は多かれ少なかれ経験しているかもしれませんね。

業務の効率化、人材育成に注力していきます。

業務を効率化させて、得意先様も社内の皆さんも、より力を入れて取り組むべき業務に時間が割けるような業務の流れを作りたいと考えています。それには今までのやり方に囚われず、新しい方法もどんどん取り入れていかなくてはならないので、日々アンテナを張り、情報収集しています。
また、制作・運用・システムに幅広く通じることができる人材の育成が、私にとって非常に大事な使命ですので、これに注力していきたいと思います。

フリーラインスケートにハマッています。

子どもが寝た後も、公園で自主練します。

私には子どもが二人いるのですが、近くに大きめの公園がいくつかあるので、週末は一緒に遊んだりしています。そんな中で子どもが流行の『ブレイブボード』というスケートを始めたのですが、私自身も元々滑る系のスポーツが好きということもあり、ならば一緒に滑れるものを始めようということで『フリーラインスケート』というものを始めてみました。するとこれにのめり込んでしまって、子どもが寝た後、近所のスケートができる公園で自主練をするようになりました。
最近ではスマートデーの会社帰りに、同僚を誘ってフリーラインスケートをやりに行くこともあります。

子どもと一緒に地元に帰省。次は旅行の計画も立ててます。

地方にいる親に孫の顔を見せにいったり、お墓参りをしたり、地味ではありますが、まとまった時間がないとできないようなことに使わせていただきました。あとは、普段できない「平日の昼間から大好きなフリーラインスケートの練習!(しかもスケート場貸し切り状態!)」を堪能しました。
次の機会では旅行に行く計画を立ており、非常に楽しみにしています。

1日のスケジュールを公開

pagetop